発泡剤 研磨剤 なし 歯磨き粉

発泡剤・研磨成分なしの歯磨き粉ってどんな商品?

この記事では、発泡剤や研磨成分なしの歯磨き粉について詳しく紹介しています。

化学物質が含まれた歯磨き粉は嫌!
でもさすがに何も付けないのはちょっと・・・

このような方はぜひ参考にしてみてくださいね。

歯磨き粉には発泡剤や研磨成分などの化学物質がたっぷり!

発泡剤や研磨成分なしの歯磨き粉がなぜ注目されているのか?

 

この記事をご覧になっている方はすでに知っている方が多いと思いますが、
念のためまずは発泡剤や研磨成分がなぜダメなのか?をまとめてみましょう。

 

発泡剤は何で歯磨き粉に含まれているの?

発泡剤(主にラウリル酸ナトリウム)は、歯磨き粉の成分として泡立たせる役割があります。

 

これは歯磨き粉に限らず、身近なお掃除グッズなんかでもそうですが、人は泡立たせることで、
汚れが綺麗に掃除できているという錯覚をします。

 

実際に、泡立ちが悪い歯磨き粉を使うと綺麗になっている気がしないという人は多いのではないでしょうか?
しかし、このラウリル酸ナトリウム、海外では子供製品には使用禁止になっているほど、
体内に入ると刺激の強い化学物質なんですね。

 

では、どんな影響があるのか?こんな実験動画があるのでご覧ください。
ラウリル酸ナトリウム入りの歯磨き粉を溶かした液体をメダカの水槽に入れる

※生き物好きな方は見ないほうがいいかもしれません。

 

このように、歯磨き粉に含まれる発泡剤は強力な刺激を持つのです。
こんな化学物質が日本で販売されていて、しかも売れている歯磨き粉には当たり前のように
含まれているのですが、歯磨き粉メーカーとしては厚生労働省の許可ももらっているし、
歯磨き粉は基本飲みこむものではないので大丈夫という見解なんですね。

 

しかし、この発泡剤、歯医者の人に言わせると泡立ちの良い歯磨き粉は
単に歯磨き粉の効率を下げるだけと言われています。

 

発泡剤は綺麗になっていると錯覚させる上に、むしろ磨き残しが多くなるというわけです。

 

研磨剤は何で歯磨き粉に含まれているの?

では、研磨剤はなぜ歯磨き粉に含まれているのでしょうか?
研磨剤は歯磨き粉によっては清掃剤と表記されていることもあります。

 

研磨剤は歯の表面を削ってプラークやステインといった汚れを落とす役割があります。
こう聞くと研磨剤は歯磨き粉に必要不可欠な成分と感じるでしょう。

 

しかし、研磨剤は歯の表面を傷付けてしまいます。
目で見たぐらいではわかりませんが、研磨剤はエナメル質を確実に傷付けていきます。

 

これに関しては、私自身も過去に歯の着色が気になり研磨剤入りの歯磨き粉で
気になる部分を徹底的に歯ブラシしていた結果、歯が削れそこから虫歯になったという経験があります。

 

その時に歯医者さんに言われたのは歯磨き粉の「研磨成分+歯磨きが強すぎる」でした。
ほぼずっと同じ歯磨き粉を使っていてその時は異常がなかったので驚いた記憶があります。

 

ちなみに、歯には再石灰化機能があるので多少表面が削れたぐらいであれば再石灰化によって
修復されるので見た目にもわかるほど削れることはあんまりないとも言われました。

 

しかし、歯の表面に傷が付き、再石灰化で傷が修復されても、歯の表面には目には見えない
凹凸がたくさんでき、そこにステインが再付着することで歯の黄ばみが余計目立つこともあるそうです。

 

そう考えると、研磨剤に関しても配合されているメリットはあまり感じられません。
また最近では研磨剤のように削って汚れを落とすのではなく、着色汚れを浮かせて剥がすことができる
成分が配合されているジェルタイプの歯磨き粉もたくさん販売されています。

 

発泡剤や研磨剤を配合している歯磨き粉にはこのようなデメリットがあるのです。

 

なので歯医者さんの中には歯磨き粉を使っていないという方が多くいますし、
そういう風に患者さんに指導している歯医者さんも多いのが実際のところです。

 

しっかりと歯磨きができていればそれでも問題ないそうです。
市販の歯磨き粉にはほとんどと言っていいほど発泡剤・研磨成分が含まれていますからね

 

とは言っても、歯磨き粉を使わないで歯磨きするのはちょっと・・・という人もいると思います。

 

そんな時に発泡剤・研磨剤なしの歯磨き粉がオススメなのですが、発泡剤や研磨剤なしの歯磨き粉にもデメリットがあります

 

発泡剤は意味のない成分なので無配合でも何の影響もありませんが、研磨剤に関しては
少なからず日常生活で歯の黄ばみや着色汚れの原因となるステインを落とす役割があります。

 

つまり、発泡剤・研磨剤なしの歯磨き粉ではステインを落とすことができないのです。
そのため歯に着色汚れが付着してそれが気になってしまうわけです。

 

いくら歯の健康に良いと言っても黄ばんで汚れた歯は嫌ですよね?

 

以前までは発泡剤・研磨剤なしの歯磨き粉を利用している人は定期的な歯のクリーニングで付着したステインを落とすのが主流でしたが、最近では研磨剤のように歯を削らずにステインを落とすことができる成分が配合された発泡剤・研磨剤なしの歯磨き粉が人気になっています。

 

そこで、発泡剤・研磨剤なしの歯磨き粉でステインの付着を防ぎ、落とすこともできる歯磨き粉についてまとめてみたので参考にしてくださいね。

発泡剤・研磨剤なしの歯磨き粉おすすめランキング

発泡剤・研磨剤なしの歯磨き粉 はははのはの特徴

 

・体にやさしい無添加歯磨き粉
・製薬会社との共同開発
・10日間の返金保証付き
・ホワイトニング×口臭予防
・完全無農薬のオーガニック成分配合

 

このような感じです。

価格 3500円
内容量 30g
備考 定期購入で初回1980円以降2980円(縛りなし)
発泡剤・研磨剤なしの歯磨き粉1位 はははのはの総評

発泡剤・研磨剤なしはもちろんですが、「はははのは」は漂白剤や着色料、パラベンも不使用!
6つの無添加歯磨き粉でとにかく安心・安全にこだわって作られています。

 

「はははのは」は体にやさしい歯磨き粉を追究しているので豊富な植物成分が配合されています。
低刺激で子供と一緒に利用できる歯磨き粉となっています。歯を白くする成分として配合されているポリリン酸やメタリン酸は最近流行っているセルフホワイトニングにも用いられている成分でステインによる着色汚れを浮かせて落とすことができます。
定期便なら初回購入は安くなりますし、何回継続という縛りもなし、10日間の返金保証もついているのでお試しで使ってみたいという人にもオススメです!

 

歯のステイン除去にオススメの歯磨き粉3位プレミアムブラントゥースの特徴

 

・世界各国でも売り上げ1位の歯磨きk
・植物オイルが口の中の乾燥を防ぐ
・近年美容に良いと話題のココナッツオイル配合
・メントール、キシリトール、ハッカ葉油でスッキリ
・GMP認定工場で製造

 

といった感じです。

価格 9980円
内容量 30g
備考 定期便で初回6000円OFF

 


発泡剤・研磨剤なしの歯磨き粉おすすめランキング第2位 プレミアムブラントゥースの総評

プレミアムブラントゥースは歯を白くする食べ物としてもよく知られているパパイヤに含まれるパパイン酸に加え、抗菌・抗ウイルス効果のあるラウリン酸を含むココナッツオイルが配合されています。ラウリン酸を含む天然成分は多くありますが、ココナッツオイルほど低刺激でかつ、抗菌・抗ウイルス効果を持つ成分はありません。その他にも歯周病予防、虫歯予防に効果のあるカテキンなど天然成分を中心に口に入れても安心な成分のみを配合しています。これ1本で歯のトータルケアも可能なオススメの歯磨き粉です。

 

発泡剤・研磨剤なしの歯磨き粉 トゥースMDホワイトの特徴

 

・90万突破の販売実績
・14日間の返金保証付き
・ウルトラメタリン酸EX配合
・1日あたり約95円

 

このような感じです。

価格 3560円
内容量 25ml
備考 専用歯ブラシ付き、まとめ買いでさらにお得

 

発泡剤・研磨剤なしの歯磨き粉3位 トゥースMDホワイトの総評

トゥースMDホワイトも元々は医薬部外品としてホワイトニング効果を期待する人に
愛用されていた歯磨き粉ですが、リニューアル後に薬用ではなくなってしまいました。
新たに配合された成分の数は増えていますので全体的に成分量が減った?感じがします。

 

とはいえこちらも発泡剤・研磨剤なしの歯磨き粉に変わりはありません。

市販の歯磨き粉選ぶ時の注意点と歯磨き粉の選び方

この記事で紹介している通販限定の歯磨き粉や歯科専売品として歯医者さんで売られている歯磨き粉、薬局やドラッグストアで販売されている歯磨き粉にどのような違いがあるのか?を知ることで歯磨き粉選びの参考になると思います。

 

例えば、虫歯予防の効果が実証されているフッ素は薬局やドラッグストアなど、市販で販売されている商品は薬事法の関係から色々な薬用成分の配合濃度には制限があるので市販では例えば高濃度のフッ素配合の歯磨き粉を購入することはできません。また、この記事で紹介している発泡剤や研磨成分に関しても市販の歯磨き粉にはもれなくたくさん配合されています。(笑)

 

ちなみに虫歯予防の際にはフッ素濃度の高い歯磨き粉が良いと言われています。
目安としては濃度は950ppm以上がいいですね。

 

市販の歯磨き粉の多くは、「いかに安く作っていかに歯が綺麗になっているように錯覚させるか?」を考えて売れる歯磨き粉を作っているのでエナメル質へのダメージや歯茎へのリスク、体への影響などは全く考えていないと言ってもいいでしょう。

 

その代わり、安く磨いた気にはなれるというわけです。
正直、市販の歯磨き粉を使うぐらいなら何も付けないほうがいいとすら思います。
私もかなり探しましたが、発泡剤・研磨剤なしの市販の歯磨き粉は見つかりませんでした

 

研磨剤なしであれば、知覚過敏の歯磨き粉で有名なシュミテクトのトゥルーホワイトが研磨剤なしでホワイトニング効果と歯にしみるのを防ぐということで話題になっていますが発泡剤(ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン)は使われています。歯周病の方にはオススメの市販の歯磨き粉です。

 

 

この記事で紹介している歯磨き粉は研磨剤が歯磨き粉に配合される理由である「ステイン・着色汚れの除去」を研磨剤なしでも同様もしくはそれ以上の効果を得られる歯磨き粉を中心に紹介しています。もちろん虫歯予防や歯周病予防、口臭ケアに有効な成分も配合されています!

 

ステインや歯の着色汚れはそんなに気にならない!という方は虫歯予防や歯周病予防に絞るともう少しリーズナブルな歯磨き粉もあります。一番有名なのは歯科専売品で歯医者さんもよくオススメしているコンクールのジェルコートFですね。虫歯になりやすいという方にはオススメです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジェルコートF 1本(90g)【Concool】【MB】※あす楽対応
価格:878円(税込、送料別) (2017/8/29時点)

 

高濃度フッ素配合で発泡剤不使用、研磨成分は配合ですが低研磨です。
ただ、ジェルコートFに配合されている歯周病予防の効果がある塩酸クロヘキシジンは長く使用していると歯に着色してくるので着色を落とす歯磨き粉との併用がオススメです。コンクールから専用のクリーニング歯磨き粉も販売されていますが、結局は着色落とさないといけないということになるんですよね。

 

このように、リーズナブルな価格で研磨剤・発泡剤なしの歯磨き粉を探すのはなかなか難しいという現実があります。
虫歯予防・歯周病予防が目的の歯磨き粉であれば上記のような歯磨き粉でも良いかと思いますが、歯を白くしたい、口臭予防の効果も欲しい!という方は当記事で紹介しているランキングのホワイトニングジェルがやっぱりオススメですね。

 

特にランキング1位の「はははのは」は発泡剤や研磨剤はおろか、漂白剤・合成界面活性剤・着色料・パラベンまで不使用の安心・安全を追究した上に、ステイン除去・歯の黄ばみ落とし・口臭予防効果が期待できる天然成分でできているからです!

 

フッ素などは配合されていないので虫歯予防が少し弱いかもしれないのでそれこそコンクールのジェルコートFと併用するといいと思います!

 


研磨剤・発泡剤なしの歯磨き粉の見分け方

研磨剤なし・発泡剤なしの歯磨き粉を使いたいと思って歯磨き粉の成分表記を見ても、
研磨剤や発泡剤と書いていないからどちらも使っていないのかな〜と思う方もいるでしょう。

 

しかし、歯磨き粉の成分表記に研磨剤や発泡剤と書かれていても使用されていることがあります。
では、研磨剤・発泡剤なしの歯磨き粉はどのように見分ければいいのでしょうか?

 

 

まず研磨剤なしの歯磨き粉の見分け方を紹介しましょう。
研磨剤は歯磨き粉の成分表記で「研磨剤」と書かれていることはほとんどありません。

 

多くの歯磨き粉では清掃剤と表記されています。
つまり「研磨剤=清掃剤」と考えておきましょう。

 

中には清掃剤が配合されているにも関わらず、「研磨剤不使用」と宣伝している歯磨き粉もあります。
「研磨剤とは書いていないから入っていませんよ〜」という子供の言い訳のような歯磨き粉です。(笑)

 

清掃剤として配合される研磨成分は主に以下の成分となります。

 

・シリカ
・リン酸水素カルシウム
・リン酸水素ナトリウム
・無水ケイ酸
・含水ケイ酸
・重質炭酸カルシウム
・酸化チタン
・水酸化アルミニウム
・炭酸カルシウム

 

などです。
これらの成分が一般的な歯磨き粉によく使われる研磨剤と呼ばれる成分です。

 

中には清掃剤ではなく粘結剤という歯磨き粉を固めて使いやすくするために無水ケイ酸などの研磨成分を使用することがありますが、粘結剤として使用される分には量も微量なために歯が削れるなどの大きな問題はないとも言われています。

 

発泡剤に関しては歯磨き粉の成分表記でもそのまま「発泡剤」と記載されるのでわかりやすいです。

 

発泡剤として使用される成分は主に以下のような成分です。

 

・ラウリル硫酸ナトリウム
・ショ糖脂肪酸エステル
・ラウロイルサルコシンソーダ
・ラウロイルサルコシンナトリウム
・ポリオエキシエチレン硬化ヒマシ油
・ポリオエキシエチレンステアリルエーテル
・ヤシ油脂肪酸
・アミドプロピルベタイン液

 

などがあります。
発泡剤の中でもラウリル硫酸ナトリウム(界面活性剤)が最も有名ですね。一口に発泡剤と言っても刺激が強い成分や、植物由来で比較的安全性が高いと言われる成分があったりするので一概に全部が危険とは言いませんが、入っていないならそのほうが安心ですよね。

 

 

研磨剤なし・発泡剤なしの歯磨き粉が使いたい場合はこのような成分表記による見分け方を知っておくと役に立つと思います。これを元に市販の歯磨き粉の成分表記をみると結構驚くと思いますよ。

 

参考までに歯磨き粉の成分表記は配合量までは書かれていませんが、配合量の多い成分から順に成分が表記されているのでこれも歯磨き粉選びの参考知識として知っておいて損はないでしょう。